読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

金本監督が選手だった頃

先日、阪神の藤浪投手が

21勝宣言をしました

 

そういえば

ここ最近のセリーグでは20勝以上した投手が

いないんですよねぇ

 

最近では2003年の井川投手まで

さかのぼります

 

この2003年というのは、阪神は18年ぶりのリーグ優勝し

 

井川投手は

20勝 防御率.280 の成績で

MVPと沢村賞を受賞したんでしたね

 

このとき金本監督は3番を打ちリーグ優勝に貢献しました

 

この時、印象的なのは

今岡選手が1番打者で首位打者を取ったことが

あげられます(打率.340)

 

全体的にシーズン打率が高い選手というイメージがないので

忘れがちです。

 

今思えば、去年のヤクルトの川端選手のように

2003年は今岡選手に2番を打たせれば

得点能力はもっと高かったんでは

ないかとよく思います。

 

そうすれば

 

1番 赤星

2番 今岡

3番 金本

という打順になり

 

赤星選手の足をもっと、生かすことが

出来たのではと思います。

2003年、赤星選手は2番

 

赤星選手が出塁すれば

足で揺さぶれる上に

 

今岡選手は高い割合で打ってくるし

 

3番は金本選手だし

 

次はアリアス選手と

 

去年のヤクルトに負けないくらいの

破壊力がでますもんね

 

それに

2番が赤星選手だったため

金本監督は当時、赤星選手に盗塁させるため

結構、打てても待っていた記憶があります。

 

 

そして、2005年には

 

1番 赤星

2番 鳥谷

3番 片岡

4番 金本

5番 今岡

 

という、打順で優勝しましたしね

 

この年

金本監督は 打率.327 40本塁打 125打点 でMVP

今岡選手は 打率.279 29本塁打 147打点 で打点王

 

という活躍をしました

 

二人だけでも272打点もあげるなんてスゴすぎる!

 

今岡選手は2年前より

だいぶ打率を落としましたが

 

147打点

得点圏打率.371

満塁打率.600

満塁本塁打 4本

 

とかなりの勝負強さを発揮しました!

 

そういえば、今岡選手はこの年からサードへとコンバートしたんでした

 

そうすれば、鳥谷選手と藤本選手での二遊間が組めたんですよね

 

 

と今回はさっき頭の中で思った事を

書いてみました