読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

ホームランキングと3割

プロ野球 本塁打王

そういえば先日、西武の中村剛也選手が

3割を打ちたい

みたいな記事をみました

 

中村選手といえば

規定打席に達した年は全て本塁打のタイトルを取っているという

まさに平成のホームランキングですよね
でも言われれば、たしかに3割打ってないんでしたね

 

2リーグ制以降で

本塁打王を2回以上とって

そのタイトルを取った時の打率が3割にいったことがない選手って

外人選手がおおいんですよね

 

○クラレンス・ジョーンズ(1970~1973、南海 1974~1977、近鉄

三振とホームランが多いバッターらしかったです

安打数<四球数だったシーズンがある

という珍記録を持つ一人

1974年と1976年に本塁打王になったが、これらの年はもちろん

3割以上を一度も打ったことがなかったみたいです

 

○ラルフ・ブライアント(1988~1995、近鉄

東京ドームの天井スピーカーにボールを当てたという伝説をもつ選手

1993年に204三振し、これはシーズン最多の日本記録

1989年と、1993~1994年にタイトルを取りましたが

他に規定打席に達した年も3割を超えらず

 

オレステス・デストラーデ(1989~1992、1995、西武)

カリブの怪人と呼ばれた西武の90年代の黄金期を支えた名選手

1990~1992年に3年連続でタイトルを取りましたが

この選手も他のシーズンでの3割は打ってなかったんですよね

 

 

本塁打王複数回とり

その年に3割いったことがない日本人は中村選手の他に一人います

当時広島の江藤選手です

 

1993年と1995年にタイトルを取りましたが3割いかず

でも、広島のときは3割を2回記録し、3割30本も記録しました

 

 

ちなみに本塁打王になった時の打率が最も高かったのは

1986年のバース選手(阪神)で.389(47本塁打

この打率はイチロー選手でも破れなかったし

今でもシーズン記録

 

この記録が破れるのはいつになるかな

それとも永遠に日本記録になっちゃたりして

 

逆に一番、本塁打王で打率が低かったのは

1987年のランス選手(広島)で.218(39本塁打

 

 

さてさて、中村選手は今年も規定打席に達し

本塁打王になるのかな

そして打率はどうなることやら

 

この記録も楽しみだな♪