プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

勝負強いのが結局一番

10年くらい前

最強の打者

について友達と話したことがあったなぁ

 

どんな事を話したんだっけかな

元広島・前田選手の三振の少なさについて盛り上がったような

でも、とりあえずイチロー選手はスゴイみたいな話になったような気がするわ

 

最強の打者・・・

打率を残す

ホームランをいっぱい打つ

等あるけど

 

最近になって自分が思うに

結局のとこ最強なのは

 

チャンスで打てる

チームの勝利を決める勝負強さがある

 

というのが極論じゃないかな

 

 

ま、だいたい成績を残こす一流選手は勝負強さもあったりするからな

 

一人、例を挙げると

 

落合博満選手は

バッティングを見ても

打撃部門の成績を見ても凄いけど

 

この前触れた

勝利打点についても名前を残してるからなぁ

 

セパ両リーグで表彰されたのは

この選手だけ

 

ま、パリーグで表彰されたのは8年間だけだから

人数が少なくなるのは当たり前だけど

 

ロッテで2回、中日に移籍した後も3回も表彰されるという勝負強さ

 

 

勝負強い打者で

思い出るのが

2005年の阪神・今岡選手

2007年前後の楽天・高須選手が自分的にすぐ思い出しますね

 

勝利を決める一打って魅力ですよね

 

前回まで

得点能力の高い打順につて書いたけど

現実的には各選手の勝負強さとかも影響してくるからなぁ

 

うーん、やっぱ野球って奥が深くて面白いなぁ