プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

優勝チームとタイトル

そういえば先日、優勝チームはどのくらいの割合でタイトルを取ってるんだろ

と気になった時があったんでしたわ

 

ということで調べてみました!

 

対象は

・MVP

・新人王

首位打者本塁打王打点王

・最高出塁率最多安打、最多盗塁

最優秀防御率

最多勝

・最高勝率(最優秀投手)

最多奪三振

・最優秀中継ぎ

最多セーブ(最優秀救援)

としました

 

タイトルによって表彰時期が始まった年が違うので

割合でランキングしました!

 

1位 

MVP 優勝チーム選手の獲得率86.4%

 

これが一番多い

そりゃそうだ

言い換えれば1割以上の割合で

優勝チーム以外からMVPが出ていたということ

 

記憶に新しいのは2013年のバレンティン選手

チームは最下位なのにシーズン60本塁打を打ちMVPに

 

 

ここからが本題なのかな

 

では2位!

最高勝率(最優秀投手) 獲得率57.8%

 

これも納得ですね

チームのエースが勝つ割合が高ければ優勝もしやすいという

野球においての強いチームの典型が改めて分かった結果ですね

 

どの年代においても、優勝チームのエース級投手が獲得している

割合が多かったですね

 

 

3位

最多打点 獲得率44.2%

 

野手のタイトルとしては最も高い獲得率

ま、これも当然の結果ですね

 

 

4位

最優秀防御率最多勝 獲得率40.8%

 

2つのタイトルが同じ獲得率でした

最多勝の方が高い割合だと思ったけど

防御率も負けてませんでした

 

だいたい優勝チームのエースが

最高勝率と同時に獲得している場合が多かったですけど

割合だと勝率タイトルと10%以上も差がでてましたね

 

 

6位

最高出塁率 獲得率36.9%

 

タイトルとして表彰されたのは

パリーグでは1962年から、セリーグでは1967年からなのですが

1リーグ時代からある、首位打者本塁打王より高い割合でした

 

本塁打王より多かったのは予想してなかったなぁ

出塁することの大切さが分かるでしょってことかな

 

 

7位

最多本塁打 獲得率35.4%

 

思ったより低い割合でしたけど

他の上位にランキングしているタイトルの割合をみると

こんなもんなのかなって思いました

 

やっぱ、チームの勝利には打点のほうが重要

 

 

8位

最優秀中継ぎ 獲得率32.5%

 

昔と最近で表彰の基準が違うタイトル

そこそこの割合の獲得率でした

 

 

後半へ続く!