読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

二死から仁志!

プロ野球 読売ジャイアンツ サヨナラ勝ち

昨日、死球について触れました

野球で死といえば

一死、ニ死とアウトの事を指しますよね

 

それで個人的に思い出るのがタイトルの言葉

「二死から仁志!!」

 

これは2001年の4月13日の

巨人対横浜 東京ドーム

での試合のことです

 

9回裏、ニ死ランナーなし

1-2で巨人が1点のビハインド

 

バッターは仁志選手で

マウンドには当時の横浜の守護神・斎藤隆投手

という状況!

 

仁志選手はこの状況から同点ホームランを放ちます

そして、10回裏の攻撃でゴジラ松井がサヨナラソロホームランを放ち

9回裏、ニ死まで追い込まれた巨人の逆転劇があったのでした

 

これは当時のパワプロのシナリオモードに収録されています

 

ちなみに、この日の巨人は

3点とりましたが

仁志選手、松井選手、阿部選手らによる

全てソロホームランでの得点なんですよね

 

そして、これが阿部選手のプロ1号ホームラン!

だった気がする

 

 

あー腹減ったなぁ

何食おうかな♪