プロ野球記録室

プロ野球の記録を独自の目線で掘り下げたい

球団別にみる最多本塁打 右左別でも調べてみた!

              f:id:nr0206gd07:20160403022600p:plain

 

通算の本塁打数は

王さんが記録を持っているのは有名

 

最近までシーズン記録も持っていたが

2013年にヤクルト・バレンティン選手が60本の本塁打を放ち

記録を更新したのは記憶に新しい

 

そういえば、球団別のシーズン本塁打記録は?

と、疑問に思い調べてみました!

 

1950年の2リーグ制となって以降の記録を対象とし

右左別にも調べてみました

スイッチヒッターの記録が目立った場合はそれも載せます

 

最多記録が助っ人外人だった場合は

日本人登録選手まで調べてみました

 

では、いきまーす

 

ソフトバンク(ダイエー、南海)

右:野村克也(1963年)  52本塁打

左:松中信彦(2005年)  46本塁打

 

この球団は長い歴史がありながら

記録は助っ人外人がいないという

数少ない球団の一つ

 

右左共に三冠王選手が記録

 

 

・日ハム(東急や東映など)

右:大杉勝男(1970年)   44本塁打

左:ソレイタ(1980年)   45本塁打

左:大下弘    (1949年)   38本塁打

 

この球団は、記録が長い間更新されてないようですね

小笠原選手の最高記録は37本でしたので

惜しくも記録更新ならず

 

 

・ロッテ(毎日、オリオンズなど)

右:落合博満(1985年)   52本塁打

左:アルトマン(1971年)   39本塁打

左:榎本喜八(1966年)   24本塁打

  大松尚逸(2008年)   24本塁打

 

ロッテは左で40本塁打以上は記録なし

日本人では30以上記録した左打者もなし

 

 

・西武(西鉄など) 

右:カブレラ(2002年)     55本塁打

右:中村剛也(2009、2011)   48本塁打

 

左:テリー(1983年)    38本塁打

  バークレオ(1988年)  38本塁打

左:大下弘(1954年)    22本塁打

 

両:デストラーデ(1990年)   42本塁打   

両:松井稼頭央(2002年)    36本塁打

 

こちらは純粋な左打者で

40本以上はいないみたいですね

日本人となると30本以上も実はいなかったんですね

 

右打ち、左打ち、スイッチヒッターの全てで最多は助っ人外人

 

中西太選手など

数多くのスラッガーが在籍していた球団

30本塁打以上放った右バッターは多かったです

 

 

オリックス(阪急) 

右:長池徳二(1973年)   43本塁打

左:ローズ(2007年)    42本塁打 

左:藤井康雄(1990年)   37本塁打

 

ホームランバッターが少ない印象の球団

しかし、日本人で40本塁打以上を記録した

選手は存在してます

 

助っ人外人の右打者で長池選手の記録を

更新した選手はおらず

 

 

近鉄

右:中村紀洋(2001年)   46本塁打

左:ローズ(2001年)   55本塁打

左:栗橋茂(1979年)   32本塁打

 

2001年に、ローズ選手と中村選手が打ちまくって優勝したのは印象的

 

ブライアント選手はローズ選手の記録で

名前を載せることは出来ず

 

ローズ選手は近鉄オリックスで記録を作ったみたいです

 

 

楽天

右:山崎武司(2007年)   43本塁打

左:磯部公一(2005年)   16本塁打

 

左打者は助っ人外人、日本人のどちらでも

20以上はいませんでした

 

 

 

ここからセ・リーグ!!

 

・ヤクルト

右:バレンティン(2013年)   60本塁打

右:山田哲人(2015年)     38本塁打

 

左:ペタジーニ(1999年)   44本塁打

左:岩村明憲(2004年)    44本塁打

 

全員、記憶に新しい選手が並んでいます

最近数年で、どんどん記録が更新

 

右打者に至ってはここ2、3年のこと

 

左はペタも岩村選手も44本塁打で最多

 

 

・巨人

右:ラミレス(2010年)    49本塁打

右:小久保裕紀(2004年)   41本塁打

左:王貞治(1964年)   55本塁打

 

右打者の日本人は小久保選手が記録

巨人の生え抜き右打者で40本以上の

本塁打は打ってないんですね

 

確かに言われれば、ミスターや原さんも

40打ってなかったもんな

 

 

阪神

右:藤村富美雄(1949年)   46本塁打

左:バース(1985年)    54本塁打

左:掛布雅之(1979年)   48本塁打

 

ミスタータイガース・藤村富美雄さんが右打者で一番!

 

新井兄弟が阪神で共にプレーしたのは記憶に新しいですが

藤村さんも、弟の隆男さんと共に阪神でプレーしてたみたいです

 

 

・広島

右:山本浩二(1977、1978、1980)   44本塁打

左:ギャレット(1978年)   40本塁打

左:金本知憲(1999年)   34本塁打

 

この球団の一番はやっぱ山本浩二さん

 

新井貴浩選手は2005年に43本塁打を記録

もう少しで球団記録でした

 

 

・中日

右:ウッズ(2006年)    47本塁打

右:西沢道夫(1950年)   46本塁打

左:マーチン(1976年)   40本塁打

左:大豊康昭(1994,1996年)   38本塁打

 

そういえば、中日で左の和製大砲っていない印象かな

 

 

・横浜(大洋)

右:村田修一(2008年)   46本塁打

左:筒香嘉智(2017年)   44本塁打

 

意外なことに日本人のみの名前となりました

2015年までは左打者の1位は1950年の藤井勇選手の34本塁打でした

半世紀以上、誰も左打者で達成できなかった40本塁打を昨年、筒香選手が記録 

 

こうみると、本塁打って右打者のほうが

圧倒的に多くの本塁打を打ってますね

 

ここに名前の載らなかった

田淵選手(西武、阪神)等の

右ホームランバッターの30本以上や

40本以上の記録も多く確認できました

 

強打者は左が多いイメージだったので

少し驚き

 

じゃ次は左打者が有利の打率について調べようかな!

 

てか、気になってきたから

各記録について同じように調べてみようかな!