読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

球団別の首位打者!

   f:id:nr0206gd07:20160403022653p:plain 

今回も、気になったので調べてみた記録の話!

 

今回は球団別の最高打率です!

前回の本塁打と同じように

左右別で、助っ人外人が記録していた場合は日本人登録選手まで調べました!

 

前回の本塁打編では

右打者のほうが多くの本塁打を放っていたことに気付かされましたが

 

打率はそうではない!

・・・はず

 

ま、以下が調べた結果です

 

ソフトバンク(ダイエー、南海)

右:広瀬叔功(1964)   .366

左:柳田悠岐(2015)   .362

 

去年の柳田選手の打率が球団左打者としての最高打率でした

 

もう少しで、球団新記録だったんですね

 

球団記録の広瀬選手は通算盗塁成功率が一位の記録保持者なんですよね

(通算盗塁数は歴代2位)

リードオフマンとして1950年代の南海を支えた名選手です

 

 

・日ハム(東急や東映)

右:大杉勝男(1970年)   .339

左:張本勲(1970年)   .383

 

本塁打の時では名前が出なかった張本さんが

ここでは本領発揮!

 

この.383という打率はイチロー選手に抜かれるまで

約30年もの間、パリーグ記録でした

 

大杉勝男さんは本塁打に続き

打率でも球団記録!(右打者として)

大杉選手の名選手ぶりがよく分かります

 

 

・ロッテ(毎日やオリオンズ)

右:落合博満(1985年)   .367

左:榎本喜八(1966年)   .350 

 

落合選手が右打者でありながら

左打者の榎本選手に1分以上の差をつけて球団記録

 

その榎本選手は

つい最近、殿堂入りしたことで話題になった

1960年代最高と張本さんにも絶賛された打者でした

 

 

・西武(西鉄)

右:和田一浩(2003年)   .346

左:秋山翔吾(2015年)   .359

 

右左共に2000年になってから

球団記録が更新

 

しかし、二人ともこれだけの打率を残しながら首位打者にはなれませんでした

 

2003年は小笠原選手が.360で首位打者

 

2015年は前述の柳田選手が首位打者になったのは記憶に新しい

 

オリックス(阪急)

右:ブーマー(1986年)   .354

右:谷佳知(2003年)   .350

左:イチロー(2000年)   .387

 

現在でもパリーグ記録のイチロー選手です

 

谷選手も前述の和田選手と同様に

これだけの打率を残しながら、小笠原選手に首位打者を取られてしまいました

 

 

近鉄

右:佐々木恭介(1978年)   .354

左:ブルーム(1962年)   .374

左:新井昌宏(1987年)   .366

 

本塁打ばかりに目がいってしまっていた近鉄ですが

意外に打率も高レベルな数値が残されていました

 

 

楽天

右:リック(2008年)   .332

右:嶋基宏(2010年)   .315

左:銀次(2014年)   .327

 

意外にも日本人右打者の球団記録は嶋選手でした

 

銀次選手は、近い将来

球団記録を更新する可能性は十分あり得ますよね

 

 

・ヤクルト

右:古田敦也(1991年)   .340

左:青木宣親(2010年)   .358

 

古田選手って全盛期はやっぱ凄かった!

と思わされる打率!

 

青木選手も

初代ミスタースワローズの若松選手の記録を越えての

左打者での球団記録

 

 

・巨人

右:長嶋茂雄(1961年)   .352

左:クロマティ(1989年)   .378

左:川上哲治(1951年)   .377

 

右打者の記録はミスター!

全盛期は毎年安定して高打率を残したのは言うまでもない

右打者として6回の首位打者獲得は日本記録!

 

クロマティ選手って

確かこの年(1989年)チームが優勝争いをしていたから試合に出続けたけど

規定打席数に到達した時に試合に出るのを止めていたら4割の打率を残せたんですよね

 

あと、1986年には.363の高打率を残したにも関わらずバース選手に首位打者を取られ

.360以上の打率を残しながら首位打者を取れなかった唯一の選手となってしまいました

 

 

阪神

右:藤村富美男(1950年)   .362

左:バース(1986年)   .389

左:藤田平(1981年)   .357

 

このバース選手の記録は抜かれる日はくるんでしょうかね

 

 

・広島

右:水谷実雄(1978年)   .348

左:嶋重宣(2004年)   .337

両:正田耕三(1988年)   .340

 

広島は楽天を除く長い歴史のある球団の中では唯一.350以上の打率を残した選手はいないんですよね

 

2004年の嶋選手は打率.337 32本塁打の成績を残し

首位打者を獲得

背番号が55ということで「赤ゴジラ」と呼ばれブレーク

 

正田選手は2リーグ制以降では唯一のシーズン本塁打無しでの首位打者という珍記録の持ち主です

 

 

・中日

右:パウエル(1995年)   .354

右:西沢道夫(1952年)   .353

左:谷沢健一(1980年)   .369

 

西沢選手と谷沢選手は二人とも

本塁打でも、右左それぞれの球団記録(日本人での)でしたね

谷沢選手が良い打者だというのは知っていたけど

西沢選手は、よく知らなかったなぁ

永久欠番は分かるけど、記録についてはあまり知ってなかったなぁ

よし、今度は西沢選手について調べてみよう!

 

 

・横浜(大洋)

右:内川聖一(2008年)   .378

左:長崎啓二(1982年)   .351

 

内川選手の記録は右打者としての最高打率です

 

長崎選手のことも知らんかったなぁ

こっちも要チェックや!!

 

 

やっぱ、打率では左打者打者のほうが高い成績を残しているけど

そんなに圧倒的に右打者よりはっていう結果ではない印象を受けました

 

調べてみるうちに

生まれる前に活躍してた選手で

良い選手だけど、あまりよく知らない選手って、やっぱ多いなぁ!

 

そんな選手も、どんどん調べていこうっと!