読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

ミスタースワローズ 背番号1を着けた男達!

                      f:id:nr0206gd07:20160403020956p:plain

今年から背番号1を着けることになった山田選手

去年は、史上初の本塁打王盗塁王のダブル受賞とトリプルスリー達成などと記録づくしでした!

 

なのでミスターヤクルト背番号1の元祖・若松選手以降、山田選手までの選手についてオレ的に気になった各種記録を調べました!

 

 

・シーズン打率(個人別最高)

青木(2010年).35849

若松(1977年).35828

山田(2015年).329

岩村(2002年).320

池山(1990年).303

 

前回、ヤクルトのシーズンでの打率の球団記録は

青木選手の記録ということでしたが

若松選手の最高記録より僅差で多かったんでした

 

池山選手は1990年のみ3割達成

2016年現在の3割達成回数は

青木 6回

若松 12回

山田 2回

岩村 4回

池山 1回

 

通算4000打数以上の選手の通算打率で1位(日本人登録選手)は.31918で若松選手ですが

青木選手は

NPBでの通算打数は3900で

NPB通算安打数は1284

 

もし、NPBであと100打数すれば仮に全打数で安打を打てなくても

4000打数1284安打となり

通算打率は.321で歴代1位になります

 

青木選手が日本に帰ってきたら、この記録の話で盛り上がりそうですね!

 

 

・タイトル

若松 首位打者2回 MVP1回

青木 首位打者3回 最多安打2回 盗塁王1回 最高出塁率2回

山田 最多安打1回 本塁打王1回 最高出塁率1回 盗塁王1回

岩村 打撃タイトルなし

池山 打撃タイトルなし

 

若松選手より、青木選手のほうが首位打者を多く取っていたんですね

若松選手は1977年にリーグ最多安打を記録しましたが

最多安打のタイトルは1994年からですからタイトルはなし

 

岩村選手は44本塁打を放ったり、100打点を2回記録しましたがタイトルは取れず

こうみるとまだ背番号1を背負っている背負っていないに限らず、ミスタースワローズでの打点王はまだいないんですね

 

 

 

・シーズン三振数(個人別最多)

岩村(2004年) 173三振

池山(1992年) 148三振

青木(2005年) 113三振

山田(2015年) 111三振

若松(1973年) 43三振

 

岩村選手の173三振は日本人選手の最多記録でありセリーグ記録

しかし、この年の打率は3割ありました

 

シーズンで150以上の三振をして打率を3割に乗せたのは、2016年現在この例のみ

 

若松選手が50以上の三振をしたシーズンが無いのは流石の一言

 

青木選手は2005年は首位打者を取り、200安打を打ったんですが

100を超える三振をしました

しかし80以上の三振をしたのは、この年のみ

年々、三振数は減少していってます

 

 

今回気になって調べたのはこれくらい

また気になったことがあったら

随時、調べて更新する予定!