読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

左打者のほうが圧倒的に少ない併殺打数 左打者での併殺王は、あの満塁男

今回、気になったことは

「左打者で一番、多くのシーズン併殺打をしたのは誰だ?」

です。

 

では、シーズンの併殺打数の歴代ランキングを見ます

 

1位 ブーマー 34併殺打 1989年

1位はブーマー選手か、そういえばそうだった気がするな

走力が低い上に、右のパワー打者だから併殺打が多くなるのは納得

 

2位 野村克也 31併殺打 1973年

日本人のシーズン併殺打王はノムさんか、そういえばそうだったな

さて、左打者はいつでてくるかな!?

ランキングが先に進まないと出てこないだろうな、さて次行こうっと

 

3位 駒田徳広 29併殺打 1994年

・・・あれ?駒・・・左打者だ

はい、早速発見

左でのシーズン最高併殺打数はこれでした

はい、終了

 

 

もう少し、併殺打について調べてみました!

歴代のシーズン併殺打の20位までで、左打者は駒田選手とレロン・リー選手だけでした

やっぱり、圧倒的に左打者はすくないみたいですね

 

20位あたりは、シーズンの併殺打数は24

シーズン20~23併殺打って、多くの選手が記録していますね

 

しかし、その中で1998年のイチロー選手が21併殺打していたのはビックリ

そんなに多くの併殺打していた年があったなんて

 

 

あ、そうだ通算のランキングもみようっと

左打者での通算併殺打1位は・・・やっぱり、駒田選手でした(229)

通算併殺打ランキングの24位までで唯一の左打者でした

 

そういえば、駒田選手は併殺打多いっていう話があったような

左打者の中ではダントツに多かったってことですね

 

 

パワプロでマイライフをやっていた時、左打者でやっていたんだけど

現実では考えられない程の打率、本塁打を残した反面

併殺打もありえんくらい多かったな

 

ま、シーズン三振数が0とか1だったから

極端な話がホームラン打つか、併殺打になるか

だったわけだ

 

これだったら、アウトになるなら三振でいいよって

首脳陣は思ってるんだろな

と思いながら併殺打量産してたわ

 

走力高い選手でプレイしていた分けじゃないってのもあったしね

そして、ひたすら一塁にヘッドスライディング!

 

ケガしにくい(ケガしにくさ4かな)もってなかったら

ケガで2軍いきまくりだわな(笑)