読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

セーブ率について調べてみた 岩瀬投手の成績はやっぱスゴイ

今回はシーズンのセーブ率について!

シーズン交代完了数が歴代トップ50の選手を対象にそれぞれのセーブ率を算出してみた!

 

ま、セーブというのは条件が整っていないと記録されないので

セーブ数が多い少ないというのは、投手の凄さを素直に表せないところではありますけどね💦

 

ちなみに交代完了数とは

先発以外で登板した投手が試合の最後まで投げた試合数

 

 

てことで

シーズンのセーブ率が7割以上を記録したのは以下の選手たち!

 

1位 岩瀬仁紀(2005年) 55完了ー46セーブ 83.6%

2位 岩瀬仁紀(2007年) 54完了ー43セーブ 79.6%

f:id:nr0206gd07:20160507154817j:plain

 

3位 平野佳寿(2014年)  51完了―40セーブ 78.4%

 

4位 呉昇垣(2015年)

    クルーン(2008年) 

       サファテ(2015年)  54完了ー41セーブ 75.9%

 

7位 藤川球児(2007年)   64完了ー46セーブ 71.9%

 

8位 豊田清(2003年)    53完了ー38セーブ 71.7%

 

9位 西村健太朗(2013年)  59完了ー42セーブ 71.18%

 

10位 武田久(2011年) 

    サファテ(2014年)   52完了ー37セーブ 71.15%

 

12位 MICHEAL(2006年)  55完了ー39セーブ 70.9%

 

13位 永川勝浩(2009年)

    澤村拓一(2015年)  51完了ー36セーブ 70.6%

 

 

やっぱり、投手の分業が進んできた最近の選手

てか、全部がここ10年の記録ですね

 

 

岩瀬投手は唯一80%以上を記録!

しかも岩瀬投手が主に守護神を務めた

2004年から2014年までの間の交代完了数は500で、セーブ数は396

 

セーブ率は79.2%!!

 

野投手が2014年に記録したセーブ率が78.4%で3位と岩瀬投手以外で最高なのに、その数値を上回っています!

 

今更言うのは今更ですが

やっぱ、間違いないなく日本を代表する守護神であるのはセーブ率を見てもあきらかだな

 

 

ちなみにチームの守護神がこれほどのセーブ率を記録したというのにチームが優勝したというのは

 

2006年の日ハム

2008年と2013年の巨人

2014年と2015年のソフトバンク

と5回のみ

 

 

やっぱ、セーブ数の多さとチームの勝率はあんま関係なさそうですね

あ、そのことについては以前触れてたな

 

shinbizium.hatenablog.com