読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

打点王の平均打点

首位打者本塁打王について、タイトル獲得選手の成績の平均を算出し、複数回タイトルを獲得した選手を対象に平均値以上の成績を残し続けた選手は誰か調べましたが、打点王についてやっていなかったので今回はそれをやりまーす

 

まず打点は、その年の試合数によって打点王の打点が左右されるので

とりあえず、今回は2リーグ制以降の1950年からを対象としました

 

すると、2015年までの打点王の平均打点は約107.2 

なので今回は打点王のタイトルを複数回獲得し、その打点が全て108以上の選手は誰かを調べました!

 

まず、助っ人外人から!

ランディ・バース

打点王2回 

134打点(1985年)、109打点(1986年)

 

二年連続での三冠王の史上最強の助っ人

 

 

ルイス・ロペス

打点王2回

109打点(1996年)、112打点(1997年)

 

広島カープ史上最強の助っ人と称された選手

ダイエーでもプレイ

 

現役引退後は楽天でスカウトと2軍打撃コーチに就任

2012年からDeNAでスカウトを担当

 

 

トニ・ブランコ

打点王2回

110打点(2009年)、136打点(2013年)

 

名古屋ドームでスピーカー直撃の認定ホームランを初めて記録した選手

 

 

アレックス・ラミレス

打点王4回

124打点(2003年)、122打点(2007年)、125打点(2008年)、129打点(2010年)

 

ヤクルトで2回、巨人で2回の打点王を獲得しているが計4回のタイトル獲得した年の全てで108打点以上を記録

 

 

助っ人外人は以上4人でした

 

 

次は日本人選手

 

門田博光

打点王2回

120打点(1971年)、125打点(1988年)

 

意外なことに(?)昭和の選手では複数回打点王獲得選手の中で、その年の打点が108以上だったのは門田選手のみでした!

 

1988年は史上最年長の40歳でのMVPになった年でしたね

 

 

中村紀洋

打点王2回

110打点(2000年)、132打点(2001年)

 

中村剛也

打点王3回

122打点(2009年)、116打点(2011年)、124打点(2015年)

 

松中信彦

打点王3回

123打点(2003年)、120打点(2004年)、121打点(2005年)

 

 

条件を満たした日本人選手は以上4人!

門田選手以外は、平成のパリーグを代表するスラッガーばかり!

 

セリーグの日本人選手はおらず

ゴジラ松井って日本にいるときは110打点以上を記録した年ってなかったんですね

 

参考に松井秀喜選手の打点王を取った時の成績

100打点(1998年)

108打点(2000年)

107打点(2002年)

以上3回、日本でのシーズン最高打点は2000年の108打点

キャリアハイは2005年(当時ヤンキース)の時の116打点

 

 

中村剛也選手は、まだまだ打点王を獲得する可能性はあるし、タイトルを獲得するなら108以上は記録する可能性も高そうだから、ラミレス監督にならぶ4回目の記録に期待です!