読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

交流戦の首位打者は、どれくらいの割合でリーグ首位打者となっているのかな

前回、交流戦本塁打数について触れました

そこで今回、気になったのはタイトル名の件について!!

 

記憶と勘で予想すると、4シーズンに一回ペースだと思うなぁ

 

 

 

では早速、歴代の記録をみてみるかな

 

まず2005年

交流戦首位打者石井義人選手で打率は.400

この年の首位打者は 
青木宣親選手で打率.344 交流戦の打率.382で3位
和田一浩選手で打率.322 交流戦の打率.333で9位

 

該当せず

石井選手のシーズン打率は.312でリーグ4位でした

 

 

 


2006年
交流戦首位打者松中信彦選手で打率は.408  

松中選手は、この年に打率.324で首位打者を獲得!!

 

 

2006年は該当選手を発見!

ちなみに、セリーグ首位打者を取った福留選手は交流戦の打率.390で交流戦2位でした!

シーズン打率は.351

 

 

 

どんどん行きましょ

2007年
1位はベニー選手で打率.375

 

10位にパリーグ首位打者となった稲葉選手で打率は.330
14位にセリーグ首位打者となった青木選手で打率は.319

 

 

 


2008年
1位は金本監督で打率は.407

 

16位に、右打者でのシーズン最高打率で首位打者となった内川選手で打率は.326
25位に楽天初の首位打者となったリック選手で打率.308

 

 

 


続いて2009年
1位は高橋信二選手で打率.411

 

さて、この年の首位打者となった選手の交流戦での打率はっと
セリーグ首位打者ラミレス選手が交流戦打率.287で32位
パリーグ首位打者鉄平選手が交流戦打率.258で46位

 

おや、この年の首位打者達は交流戦ではあまり打ってなかったんですね

鉄平選手は、そこまで背番号を気にしなくていいのに(笑)

 

 

 


2010年
1位は多村仁志選手で打率.415


6位に、この年206安打を記録したパリーグ首位打者西岡選手で打率.369
23位にセリーグ首位打者青木選手で打率.299

 

この年、シーズン打率.358を記録した青木選手ですが交流戦では3割に届いてなかったんですね

 

 

 


2011年
1位は坂口選手で打率.412
6位にパリーグ首位打者の内川選手で打率.3261
7位にセリーグ首位打者の長野選手で打率.3258

 

お、久々に首位打者交流戦でも高打率を残した年なんじゃないのか

 

 

 

 

2012年
1位は角中選手で打率.349 

角中選手はシーズン打率.312で首位打者を獲得!!

 

これで2人目ですね!

 

さてセリーグ首位打者となった阿部慎之介選手は交流戦の打率.291で16位でした

 

 

 

2013年
1位は長谷川選手で打率.418 

シーズン打率.341で首位打者!はい!!3人目発見!!!

 

セリーグ首位打者ブランコ選手は交流戦の打率が.333で7位でしたー

 

 

 

 

2014年
1位は山田哲人選手で打率.378

 

17位にパリーグ首位打者糸井嘉男選手で打率.313
35位にセリーグ首位打者マートン選手で打率.269

 

そういや、マートン選手がスランプに陥った時があったね

 

 

 

2015年
1位は秋山翔吾選手で打率.432


交流戦の打率2位に、秋山選手と最後まで熾烈なシーズン首位打者争いを繰り広げた柳田悠岐選手で打率.429

交流戦でも首位打者争いは接戦だったみたいです

 

そして、セリーグ首位打者川端慎吾選手は交流戦打率.351で10位でした

 

 

 

そして2016年の6月13日の時点での交流戦首位打者は、最近好調なロッテ・田村龍弘選手で打率は.400

 

うーん、今年もシーズンの首位打者は別の選手となりそうですね

ちなみにオレが首位打者予想としている
パリーグ秋山翔吾選手は打率.380で3位
セリーグ山田哲人選手で打率.306で21位

となっております

 

 

 

ということで、交流戦首位打者とリーグ首位打者が同一選手だったのは3シーズンのみでした

割合にすると.273でした

 

思ったより少し少ないくらいでした