読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

パワプロで見る 21世紀の打点王・今岡誠選手

f:id:nr0206gd07:20160718151354p:plain

今回は21世紀になってからのシーズン打点記録をもっている

主に阪神で活躍していた今岡選手についてみてみました

 

東洋大学時代にアトランタ五輪の日本代表に選ばれた今岡選手は1996年に阪神にドラフト1位で入団

 

 

1997年

f:id:nr0206gd07:20160718151437p:plain

打率.250 2本塁打 20打点

 

一年目は規定打席に届いていないが、98試合に出場するなど新人としてはまずまずの成績を残す

 

能力は全体的にバランスが良いといった印象

 

 

 

1998年

f:id:nr0206gd07:20160718151446p:plain

打率.293 7本塁打 44打点

 

打率.293でミートがB・・・何故だ!?

この年は規定打席を達成するなど2番打者でチームの主力として活躍

守れるポジションも多く、走力・肩・守備が高く

内野手として身体能力が高く評価されている

チャンスに強い特殊能力がついている

 

 

1999年

f:id:nr0206gd07:20160718151458p:plain

打率.252 6本塁打 39打点

 

前年より少し少ない試合数で成績も落とす

能力は全体的にダウンしているが守備はBに上っている

チャンスにも弱くなってしまっている

 

 

 

2000年

f:id:nr0206gd07:20160718151507p:plain

打率.212 2本塁打 2打点

 

不振により出場試合数は40のみ

成績も落とし、能力もどんどん下がってしまっている

 

 

 

2001年

f:id:nr0206gd07:20160718151516p:plain

打率.268 4本塁打 40打点

 

開幕後は好調を見せ規定打席にも届いたが、成績はここ数年と変わらない

チャンスに弱い特殊能力は消えたが、左投手に弱くなっている

メインポジションが三塁となっている

 

 

 

ここまでの今岡選手を見ると、打撃より守備のほうが評価が高いといった印象だが

今岡選手本人は守備より打撃が売りとしている

それを表すかのように、これからは打撃を売りとするスタイルがゲーム的にも出てくる

 

 

2002年

f:id:nr0206gd07:20160718151524p:plain

打率.317 15本塁打 56打点

 

1番・セカンドとして長い間続いていたチームの最下位地獄から脱出する原動力として活躍

打撃能力が上がり肩もBに戻ったが、走力と守備はE

 

 

 

2003年

f:id:nr0206gd07:20160718151535p:plain

打率.340 12本塁打 72打点

 

首位打者を獲得し阪神ファンが18年待ちわびたリーグ優勝に1番打者として大きく貢献

パワーは少し下がっているようだが、首位打者を獲得した影響でミートはAで特殊能力も多く

チャンスにとても強くなる特殊能力付き

 

 

 

2004年

f:id:nr0206gd07:20160718151543p:plain

打率.306 28本塁打 83打点

 

3番打者として活躍し3割20本を記録

この年に記録した175安打は自己最高である

 

パワーは上がったが、流石にミートはダウン

走力も少し下がっているが相変わらずチャンスに強い

 

 

 

 

2005年

f:id:nr0206gd07:20160718151552p:plain

打率.279 29本塁打 147打点

 

2年ぶりの優勝に貢献し147打点を記録

これは歴代3位の記録

この年の今岡選手の特徴はなんといっても得点圏打率の高さ

満塁時の打率は6割を誇り、ランナーが奥にいればいるほど打率が高かった

打率.279に対して147打点というのが、いかにチャンスで打っていたかが分かる

走力はFとなっており、この年から三塁手に転向

なお、今岡選手が規定打席に届くのはこの年が最後である

 

 

2006年

f:id:nr0206gd07:20160718151559p:plain

打率.221 7本塁打 29打点

 

指の怪我の影響でここ数年ほどの活躍はできずに

打撃能力もどんどん落ちていく

 

 

 

2007年

f:id:nr0206gd07:20160718151607p:plain

打率.279 4本塁打 24打点

 

昨年よりは出場試合数が多いものの打率を挙げたくらい

ミートがEに持ち直したくらいで、肩まで大幅にダウン

この年は2005年とは逆にチャンスで打てず、ランナーがいない時の方が好成績だった

その影響でチャンスに弱くなってしまっており、ケガしやすくなる能力までついてしまっている

 

 

 

2008年

f:id:nr0206gd07:20160718151615p:plain

打率.172 7本塁打 29打点

 

新井さんが金本選手にイジられに来た影響などで出場試合数が減る

能力は下降が続いている

 

 

 

2009年

f:id:nr0206gd07:20160718151624p:plain

打率.133 2打点

 

不振から脱出できずに、成績を残すことができなかった

守備もFとなってしまっているが

この年は決定版がないためか、本塁打0だったがパワーはCにまで戻っている

 

2009年のオフに阪神から戦力外通告を受けて退団し

2010年のロッテ春季キャンプにテスト生として参加し、2月に正式にロッテへ入団する

 

 

 

2010年

f:id:nr0206gd07:20160718151631p:plain

打率.227 12打点

 

主に代打で活躍するも能力はエラー回避以外は上がっていない

シーズンは活躍できなかったが日本シリーズでは本塁打を放つなどして、ロッテの史上最高の下剋上に貢献した

 

 

 

2011年

f:id:nr0206gd07:20160718151825p:plain

打率.130 4打点

 

出場試合数は前年より少なかったなか打率.130だがミートはFに上っているが守備はGにまで下がった

前年の日本シリーズでの活躍が評価されたのか、ゲーム終盤に能力が上がる特殊能力・意外性をもっている

 

 

 

2012年

f:id:nr0206gd07:20160718151642p:plain

この年は1軍での出場はなし

 

選手兼任で二軍のコーチとして活躍していた

9月に現役引退を表明し退団

2016年から阪神の監督に金本監督が就任した影響もあり、阪神の二軍コーチとして阪神に復帰した