プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

交流戦の歴代本塁打王と試合数あたりのペース

6月12日で各球団12試合を終えた、2016プロ野球

 

もう、交流戦の首位はソフトバンクが濃厚になってきたので

これからは個人成績が気になるとこ

 

 

今回、目についたのは本塁打について

12日試合終了時点でのキングは

 

松田宣浩ソフトバンク

メヒア(西武)

山田哲人(ヤクルト)

 

以上3選手が記録している5本

 

なんか今年の交流戦本塁打ペースが例年より遅い気がしてきたので

まずは過去11年、交流戦本塁打王本塁打数をみてみました

 

2005年 12本塁打

イ・スンヨプ

多村仁

小久保裕紀

中村剛也

 

 

2006年 16本塁打

イ・スンヨプ

 

 

2007年 11本塁打

タフィ・ローズ

 

 

2008年 8本塁打

タイロン・ウッズ

 

 

2009年 11本塁打

トニ・ブランコ

 

 

2010年 11本塁打

山崎武司

 

 

2011年 7本塁打

中村剛也

 

 

2012年 12本塁打

中村剛也

 

 

2013年 10本塁打

井口資仁

バレンティン

 

 

2014年 8本塁打

エルドレッド

中村剛也

 

 

2015年 9本塁打

畠山和洋

 

 

中村剛也選手は交流戦でも本塁打キングの常連ですね

2013年の、井口選手と

去年の畠山選手って

そんなに打っていたのか

 

 

今年の交流戦は残り6試合で、現在の最多本数が5本ということは

やっぱ、ペースは例年より遅い気がするなぁ

 

 

交流戦は年度によって試合数が違うため

上記の選手全員が全試合に出たと想定して、試合数あたりで本塁打率をだしてみました

 

すると順位は

1位

2012年 12本塁打ー24試合  

2015年   9本塁打ー18試合  1試合あたり0.5本

 

 

2位

2007年 

2009年

2010年 11本塁打-24試合  1試合あたり0.458本

 

 

 

3位

2006年 16本塁打ー36試合  1試合当たり0.444本

 

 

4位

2013年   10本塁打ー24試合

2016年途中 5本塁打ー12試合   1試合あたり0.417本

 

 

あれ?思ったより最多本塁打ペースが遅いわけではなかったみたいですね(笑)?

なんだー?5という数字だけみると少ない気がしてしまってたなぁ(笑)

てか、数字が被る年おおいな

 

限られた試合数でやってるから、そりゃそうなのかな

 

 

それ以降の順位はこれ

5位

2014年 8本塁打ー24試合

2008年 8本塁打ー24試合

2005年 12本塁打ー36試合   1試合あたり0.333本

 

 

6位

2011年 7本塁打ー24試合   1試合あたり0.292本

 

 

 

さて、今年の交流戦本塁打王は誰が手にするのかな!?

個人的な予想は、山田哲人選手ですね

 

 

 

ちなみに、交流戦本塁打王になってペナントでもタイトルを取ったのは

2014年のエルドレッド選手

2013年のバレンティン選手

2011~2012年の中村選手

2009年のブランコ選手

 

これも思ったより少ないなぁ

日本人では、中村選手のみだったんですね

 

 

しかし今回は、最初の予想とは違った結果なのが多かったなぁ