プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

最優秀防御率のタイトルを一番多く取っている背番号はやっぱりエースナンバー!

タイトルを取った選手の背番号は何が多いかランキングのシリーズ!

そういえば、まだ投手のタイトルについてやってなかったので

今回は「最優秀防御率」について!

 

ではランキング!

 

1位 

背番号18 21回

 

プロ野球のエースナンバー18が1位に!

さすがエースナンバーと言われているだけあって、このタイトルでも実績があることが分かりますね!

 

マー君や松坂投手、桑田投手と伊良部投手

さらには、前田健太投手など海を渡った投手も着けていた番号ですよね!

 

現役ではハマの番長・三浦投手もタイトル経験あり

 

 

2位

背番号11 15回

 

大谷投手とダルビッシュ投手が記憶に新しい番号!

11もエース級投手が着けていることが多いですよね

 

90年代を見ても

斎藤雅樹投手や野茂投手も、この番号

 

佐藤義則投手も11

阪神では村山実投手がこの背番号で永久欠番でしたね

 

 

3位

背番号21 12回

 

左のエース番号と言われる番号ですが

この番号で最優秀防御率のタイトルを取った左投手は、中日・チェン投手と巨人・尚成投手だけでした

 

最近では楽天時代の岩隈投手が21!

昔をみると堀内投手、東尾投手、杉浦忠投手など球界を代表したエース投手が多くいました!

 

 

4位

背番号19 10回

 

野投手、吉見投手やヤクルト・石川投手に金子千尋投手といった現役組が目立つ番号です!

 

少し前は上原投手がいます

平成になって背番号19は獲得数が多くなってきました

 

 

5位

背番号17

背番号29 9回

 

二つの背番号がランクイン!

 

17は

サブマリン・山田久志投手、スタルヒン投手に藤本英雄投手など

昭和を代表するエースが目立ちます

 

つづいて29

こちらも村田兆治投手と鈴木孝政投手や小林誠二投手など昭和の投手が目立ちました

 

一番最近では阪神時代の井川投手がこの番号!

 

 

7位

背番号20

背番号24

背番号34

背番号47 7回

 

4っつもの背番号がランクイン

 

まず20

小松辰夫投手と中日・権藤投手に北別府投手など

昭和のチームを代表するエースが多い番号でした!

 

次に24!

トータル7回のタイトル取得なのですが

稲尾投手が5回もタイトルを取り

広島の元エース・大野投手が2回

と二人だけで背番号24をランクインさせました

 

つづいて34!

400勝投手・金田投手が3回のタイトル!

去年、引退した山本昌投手に現役の日ハム・吉川投手といった左投手が目立つ背番号でした!

 

最後に47!

工藤公康投手が4回もタイトルを取り

野口茂樹投手が2回のタイトル

そして、ソフトバンク時代の杉内投手が1回

と左投手のみでのランクインでした!

 

 

7位で4つの背番号があったので、もう少しやります!

 

11位

背番号14 6回

 

この背番号で代表的なのは伝説のエース沢村栄治投手!

他には沢村投手と同じく3回のノーヒットノーラン完全試合)を達成した元広島・外木場投手や小宮山悟投手などが背番号14でのタイトル取得!

 

 

12位

背番号16 5回

 

代表的なのは石井一久投手!

他には金村暁投手と木田勇投手といった日ハムのエースがいました!

 

以下、3回以下の背番号

 

3回

背番号15、22、28

 

2回

背番号26、45、66

 

1回

背番号1、3、4、6、23、27、30、32、33、35、41、42、43、46、48、60、65

 

 

やっぱり、投手のタイトルなので一桁の背番号はランキングには入らず

 

分かってはいたけど、10番台と20番台の争いになりました

そのなかで34と47は数人のサウスポーが記録を残しランキングに入ったのは関心したなぁ

 

では