読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

試合終盤での見せ所

今回は気になったことを調べてみた結果を

書きたいと思いました

 

何かというと

チームが優勝した年に

チームの守護神はセーブに関するタイトルを取ってる割合ってどんなもんだろ

という個人的に気になったこと

 

優勝するためには、絶対的な守護神の存在が必要ですもんね

と思っていたら気になったんです

 

対象は

1976年から2004年の最優秀救援

2005年からの最多セーブ

です

 

今はセーブ数だけでタイトルを争いましたが

昔はセーブポイント(セーブ数+救援勝利数)で

争っていたんですよね

 

うーん、昔の表彰システムだと

守護神でなくてもタイトルを狙えるから

なんかなぁと思ったけど、まいいや

 

結果はセパ両リーグでは

優勝したチームからのタイトル取得率は.316の割合

 

そんなに多くなかったんですね、やっぱ優勝するチームって

先発投手の成績もよかったりするし

抑え投手にセーブがつかないくらい点差が開いての勝利も

多いだろうしね

 

でも、もっと多いと思っていたので

意外っちゃ意外な結果でしたわ

 

でも気になったのは

セパでの差

 

パリーグでは取得率.325

に対し

セリーグでは取得率.307

 

DH制のない

セリーグの方が多いと完全に思っていたから

これも驚いたな

 

守護神の存在は大事だけど

セーブ数と優勝はそんなに影響してなかったんだな

 

ま、優勝するチームは勝ったゲームで

多く得点してる割合が多いし

 

先発投手の完投、完封が多いってことかな

 

あ、優勝したチームからは

どのタイトルが一番多く取られているかも今度調べようっと