プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

ベストナイン選手の打撃部門ランキングDH制編! 2003年は凄かった!

前回、各年度のベストナイン選手の打撃三部門の成績について平均値を算出してランキングしてみました

今回は1975年以降のパリーグ

つまり、DH制が導入されている成績についてです!

 

 

 

早速行きます

先ずは、打率から

 

  年度 打率
1位 2003 0.328333333
2位 2004 0.324111111
3位 2010 0.316777778
4位 1980 0.315111111
5位 2000 0.314111111
6位 1984 0.310666667
7位 1997 0.310555556
8位 1985 0.310444444
9位 1979 0.309888889
10位 2005 0.306555556

 

2000年が5位で、2003年と2004年が1位と2位

そして、2005年が10位と2000年代初期が目立ちますね

 

3位には2010年

2010年のセリーグは前回のDH制なし部門で打率1位でした

この年はセパ、どちらも高い打率を記録した選手が多いということですね

打率.320を超えている選手が両リーグで合わせて9人もべストナインに選出されてます

 

選手名 所属 打率
青木宣親 ヤクルト 0.358
平野恵一 阪神 0.35
マートン 阪神 0.349
西岡剛 ロッテ 0.346
和田一浩 中日 0.339
田中賢介 日本ハム 0.335
カブレラ オリックス 0.331
森野将彦 中日 0.327
多村仁志 ソフトバンク 0.324

 

青木選手が209安打

マートン選手が214安打

西岡選手が206安打

と3名もの選手がシーズン200安打を達成

 

 

さて、1位になった2003年は首位打者争いが激しい年でした

首位打者一塁手で選出されている小笠原選手の.360でしたが

2位に谷選手の.350

3位に和田選手の.346

さらに4位に井口選手で.340

と4名もの選手で.340以上の打率を残しました

 

2003年のベストナイン選手の打率は以下の通り

 

捕手・城島健司 .330

一塁・松中信彦 .324

二塁・井口資仁 .340

三塁・小笠原道大.360

遊撃・松井稼頭央.305

外野・ローズ  .276

外野・谷佳知  .350

外野・和田一浩 .346

指名・カブレラ .324

 

7選手が打率.320以上

3割未満は一人だけと、これは1位になって当然の成績だらけです

 

2003年といえば、ダイエーホークスがチーム打率のシーズン歴代1位を記録した年

そのダイハード打線の主軸である

城島・松中・井口の3選手がベストナインに選出されてます

 

 

 

続いて本塁打

  年度 平均本塁打
1位 2003 34.11111111
2位 2001 31
3位 2004 26.55555556
4位 1980 26.44444444
5位 1986 25.66666667
6位 2002 25.55555556
7位 1984 24.88888889
8位 1990 24.88888889
9位 1989 24.11111111
10位 1979 23.55555556

 

またしても1位は2003年

2004年も続いてベスト3入りをしています

 

打率10位だった2005年はいませんが

2001年から2004年までがベスト10入りしてます

 

このくらいの年のパリーグは助っ人外人が本塁打を量産してました

特に、この2名が

f:id:nr0206gd07:20160630194325p:plain

 

1位となった2003年には

左のカブレラ選手が50本、右のローズ選手が51本放っております

二人で101本もの本塁打を記録

 

では2003年のベストナイン選手の本塁打数を見てみます

捕手・城島健司  34本

一塁・松中信彦  30本

二塁・井口資仁  27本

三塁・小笠原道大 31本

遊撃・松井稼頭央 33本

外野・ローズ   51本

外野・谷佳知   21本

外野・和田一浩  30本

指名・カブレラ  50本

 

さきほどの打率に続いて、1位となっただけあると納得のできる数字が並んでいます

 

全員20本塁打以上・・・凄すぎです

これは打点も1位で三冠が期待できそうです

 

 

 

ということで打点のベスト10

  年度 平均打点
1位 2003 105
2位 2001 99.11111111
3位 1997 86.44444444
4位 2004 83.77777778
5位 2009 82.66666667
6位 1989 82.44444444
7位 2008 81.44444444
8位 1984 80.22222222
9位 1986 78.77777778
10位 1980 78.66666667

 

はい、2003年が三冠です!

しかも唯一の100越え

 

意外にも、90を超えているのも2003年と2001年のみ

 

平均80点台も8位までなんですね

 

どれだけ2003年のベストナインが強すぎるかが分かる気がする

 

 

 

打撃三部門の全てでベスト10入りしたのは2003年、2004年と

1980年と1984年のベストナインでした

2001年のベストナイン本塁打と打点が2位でした(打率は14位)

 

 

2011年以降のベストナインはベスト10入りしてませんね

 

 

 

では、ついでに安打数もみてみます

  年度 平均安打数
1位 2003 166.1111111
2位 2001 163.4444444
3位 2010 156.4444444
4位 1997 156.4444444
5位 2015 150.5555556
6位 2013 148.5555556
7位 2009 147.3333333
8位 1999 147
9位 2004 146.3333333
10位 2008 146

 

試合数が多い、最近のが目立ちます

と言おうとしたけど、そうでもない

 

しかも1位はまたしても2003年で2位には2001年

2001年は打率以外は2位となってます

打率3位だった2010年が安打数でも3位

 

2010年は両リーグ、ベストナイン選手の打率と安打数は高い数値をのこしてますね

 

1997年は本塁打数以外は高い結果を残してるみたいです

 

 

 

では、三部門で高い成績を残した年のベストナインをみてみましょう

 

 

まずは伝説的な2003年

(打率1位、本塁打1位、打点1位、安打数1位)

f:id:nr0206gd07:20160630205416p:plain

 

 

全体的に好成績を残した2004年

(打率2位、本塁打3位、打点4位、安打9位)

f:id:nr0206gd07:20160630210401p:plain

 

この年は、カブレラ選手とローズ選手はいないんですね

 

 

 

2001年(打率14位、本塁打2位、打点2位、安打2位)

f:id:nr0206gd07:20160630210410p:plain

 

 

 

1980年(打率4位、本塁4位、打点10位、安打15位)

f:id:nr0206gd07:20160630210421p:plain

 

 

 

1984年(打率6位、本塁打7位、打点8位、安打18位)

f:id:nr0206gd07:20160630210430p:plain

 

 

 

1997年(打率7位、本塁打22位、打点3位、安打4位)

f:id:nr0206gd07:20160630210443p:plain

 

 

2003年を超えるベストナインは今後現れるんでしょうかね