読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球記録マニア

プロ野球の記録について追及していくブログ

パワプロで見る、外人選手で唯一の2000安打選手 アレックス・ラミレス

プロ野球 パワプロ 東京ヤクルトスワローズ 読売ジャイアンツ 横浜DeNAベイスターズ

f:id:nr0206gd07:20160626181420p:plain

さて、今回はこのシリーズ初の外人選手です

彼ほど長く日本でプレーした選手は簡単には現れませんよね

しかも、今やNPBで監督ですしね

 

 

 

1998年にメジャーデビューしたラミレス選手

2000年のオフにヤクルトスワローズに入団

その時は、日本でのプレーは1年だけ・・・と思っていたそうです

 

 

2001年

f:id:nr0206gd07:20160702161833p:plain

打率.280 29本塁打 88打点

 

一年目から、優勝&日本一に貢献する

本塁打は30に届かなかったが、パワーはAでパワーヒッターを持っている

 

内野安打の数が多かったのか、内野安打も習得

 

 

 

2002年

f:id:nr0206gd07:20160702161847p:plain

打率.295 24本塁打 92打点

 

本塁打が減ったために、パワーはBに下がり

パワーヒッターもなくなる

得点圏打率が高く、チャンスに強くなるが

守備の評価は下がり、強打者の宿命か三振男がつく

 

 

 

2003年

f:id:nr0206gd07:20160702161900p:plain

打率.333 40本塁打 124打点

 

この年から、4番に座る

おしくも首位打者を逃すが、本塁打王打点王の2冠に輝く

それにより打撃能力がアップし、良い特殊能力も目立つ

走力は少し下がっている

これだけの打点を稼ぎながら、チャンスに強い特殊能力は無し

 

 

 

2004年

f:id:nr0206gd07:20160702161911p:plain

打率.305 31本塁打 110打点

 

昨年ほどの成績は残せなかったので、打撃能力はダウン

でも、高いほうには変わりない

昨年より、特殊能力は多い

打点も去年より少ないが、チャンスに強くなっている

 

 

 

2005年

f:id:nr0206gd07:20160702161921p:plain

打率.282 32本塁打 104打点

 

打率が3割を切ったため、ミートはDに下がる

パワーは少しアップしたが、特殊能力は減った

安定した守備がみられたためか、エラー回避はEになっている

 

 

 

2006年

f:id:nr0206gd07:20160702161930p:plain

打率.267 26本塁打 112打点

 

打率と本塁打数が去年より少なく

パワーはBにダウン

守備に安定がなかったのか、去年はEだったエラー回避がGとなってしまっている

 

来日以来、大きなケガをせずにプレーしたのが評価され

ケガしにくい特殊能力もゲット

 

 

 

2007年

f:id:nr0206gd07:20160702161939p:plain

打率.343 29本塁打 122打点

 

この年は、右打者で初のシーズン200安打を達成

ミートはAに上り、アベレージヒッターまでついた

パワーもAに戻り、良い特殊能力も目立つ

打点王を獲得したが、チャンスに強い能力は無し

走力が少し上がっており、守備もEに上りエラー回避もDにまで上昇している

ムードメーカーの能力がついているのも、ラミレス選手らしさが出ている

 

 

この年のオフ、ヤクルトを退団して自由契約となり巨人に入団する

 

 

 

2008年

f:id:nr0206gd07:20160702161948p:plain

打率.319 45本塁打 125打点

 

この年は、決定版が無いため

本塁打数に対して、パワーとパワーヒッターがないのは寂しく感じる

2年連続で打点王を獲得

走力がEとなり、守備能力も再びダウン

 

古巣のヤクルト戦に強くなる能力がついている

 

 

 

2009年

f:id:nr0206gd07:20160702161958p:plain

打率.322 31本塁打 103打点

 

この年も決定版はなし

決定版があれば、パワーはもうすこし低いと思う

首位打者を獲得したため、ミートもBになっていた可能性もある

年齢の影響からか守備能力は、もっと低くなり

肩もEとなる

でも走力は、またしても少しアップ

 

 

 

2010年

f:id:nr0206gd07:20160702162008p:plain

打率.304 49本塁打 129打点

 

本塁打王打点王の二冠に輝く

この年も決定版は無し

決定版があれば、ミートはCとなっていたか

威圧感を持っているのは大きい

 

 

 

2011年

f:id:nr0206gd07:20160702162017p:plain

打率.279 23本塁打 73打点

 

3割30本をクリアできたかったため、打撃能力がダウン

年齢の影響からか、走力はFに下がってしまう

 

 

 

この年のオフに巨人を退団し、後に監督となる横浜DeNAベイスターズに入団する

 

 

2012年

f:id:nr0206gd07:20160702162026p:plain

打率.300 19本塁打 76打点

 

3割を記録したが、ミートはD

去年と比べて打数に大きな差はなく

その中で本塁打は20に届かずと去年より少ないがパワーは上がっている

 

巨人キラーの特殊能力がついている

移籍するたび、古巣に強いようだ

 

 

2013年

f:id:nr0206gd07:20160702162034p:plain

打率.185 2本塁打 14打点

 

2000安打を達成するも、それ以降は不調などで結果を残せず二軍落ちとなる

打撃能力も大幅にダウン

 

この年のオフにDeNAを退団

NPBでプレーしたのはこれが最後となった